紗倉まな 日帰りで12発射精しちゃうヤリまくりイチャイチャ温泉旅行

イチャイチャデート気分が味わえて良い!!

 

シナリオですが、旅館内、ラブホテル内、12回のHを通じて、妙に間延びする事無く、その時その時に意図したドラマさえ感じる事が出来、よく考えられていたものだと思います。
(1)自分の作品を見ていたのを発見するシーン
(2)道に迷って、ナビの使い方云々でイライラして喧嘩。その後仲直りの意味でバラエティある手コキ。
(3)マッサージ器を使った際の尻コキ
(4)露店風呂でのパイズリ、立ちバック
(5)廊下でSEX。人が来たら云々
(6)コンパニオンの衣装で色っぽく迫る
(7)ラブホテルでより積極的に

次に、彼女ですが、そんな設定の中で「彼女だったら」をよく演じていたと思います。
①「妹だったら」とはまた違った可愛らしく甘えるシーン
②ノーマルに恋人のように接するシーン
③やや大人っぽい感じ、お姉さんっぽい感じで誘惑、迫るシーン

また「女優さんのままの状態で彼女に」の設定がかえって色々な「素の彼女」を見る事が出来るようになった気がしたので良かったです。
可愛らしくて優しくて思いやりがあって、そしてエッチで…。

特に「入れて良い?」のおねだりとM字にての待機が良かったです。
あれは最高でした。

あと、要所要所に過去の出演作品を思い出させるようなシーンが多々ありました。
フ○ラなら「タマらなく四六時中シャブリたがる卑猥なオクチ」

バック、尻コキなら 「卑猥な腰つきと淫らな巨尻 またがりハメ尻騎乗位」

甘えるシーンなら「妹」ではありませんが「アナタの妹になって~」

そして
時折スイッチが入ったかの如く積極的になるシーンは、理性があるのは承知の上で「媚薬催●トランス大絶頂セックス 」

この事は当たり前のようで実は当たり前じゃないと思う。
やっぱ、その時その時のシーンで強烈なインパクトを残さないとこういう風に思い出す事は無いですよ。

「もしも彼女だったら…」
彼女にした気分になる事が出来るのは間違い無いです。
温泉デートの中での「1日12発」は余りにも幸せ過ぎですし、ボリューム感満載。

「最高にエッチで可愛い紗倉まながアナタの妹になって~」が最高の「妹もの」なら今回の作品は最高の「彼女もの」「主観もの」。

主観的作品らしくカメラ目線が多いので、216分の中での彼女との一時、存分に楽しむ事が出来ると思います。

 

 

サンプル動画はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です